春の萌し


公園の片隅にひっそりと咲いている水芭蕉。
数株なので目立たず気づく人も少ないが、春になると楽しませてくれる。
水芭蕉といえば尾瀬が有名だが、残念ながら訪れたことは無い。
しかしひっそり静かに咲く水芭蕉も中々いいものである。




Rhjyurwvod4flfh1493115751_149311600





8qgrcim_wi6p_ee1493115475_149311560





そして春といえば今や国民病(病気とは違うか)とも言えなくもない花粉症が
こちらでも遅ればせながら活躍しているのは非常に辛いものである。
今回も出かけるか迷ったが、花を見ずして春は語れない(語る事も無いが)
ということでテイッシュペーパーをポケットに詰め込み、鼻炎スプレーを
出る前に鼻にシュッシュッして、スプレーも携帯して万全の態勢を敷き
出掛けたのである。万全の態勢で出かけたつもりが、マスクを忘れるという
何ともお粗末な花見になったのであった。








| | コメント (0)

手持ち無沙汰でありんす


今日の昼飯はスパゲッチュたらこ風味、刻み海苔盛り合わせ。
朝から冷たい雨が降っている。こんな日は何処へ出かける気にもならず、
ブラブラ、ダラダラさて何をしようかと思案橋・・・
何をせずとも腹は減る。取りあえずスパゲッチュでお腹を満たす。
タマは何処かに潜って相手にしてくれず、手持ち無沙汰でありんす。





Oei9wplqc44unxr1492838471_149283868




さて始まるのか始まらないのか、上げた拳をどう下げるのか。
サタンを相手にスペードのエースが打つ策は如何に。








| | コメント (0)

タマは元気いっぱい


タマは待ちきれずにシンクの上に飛び上がる。
まあそれだけ元気がいいという事なので大目に見るとしますか。
用意している間足元へ来て、体をすりつけたりわざと脚の上に
座ったり何かとアピールするタマを見ていると、シンクに上がった
ぐらいで叱ることも出来ないというか、そんなタマが可愛い。





_nbwgohquofk_dy1479277076_147927754







| | コメント (0)

続・猫ちぐら2号完成


ようやく出来た紙紐猫ちぐら2号は前回の経験もあって
より強度が増した頑丈なちぐらになった。
天窓を設けて猫に遊んでもらえる工夫も。




81qu6apcjf5xrvf1491378184_1491378_2





Adat2zc9myvwu5w1491549984_149155048





Gczvqp_cs4ysaap1491549606_149154991
左が1号直径約36㎝、右が2号直径約42㎝、高さ約40㎝


並べると一目瞭然です。2号は猫ちぐらの標準型に近い
出来上がりとなった。








| | コメント (0)

猫ちぐら2号完成


猫ちぐら2号スローペースながらもタマの励ましもあり
いい感じで編み上り、ついに完成させる事が出来ました。




64qwqmarlm9jarc1491376441_149137666
手前が製作中の2号、奥が1号です。



_0pa1ard3jdlbzf1491376757_149137693




3op1ztdgfk5dfcs1491377002_149137721




81qu6apcjf5xrvf1491378184_149137834




猫ちぐら2号ということもあり前回の経験からしっかり強度を上げて
編む事が出来た。ちぐら2号は天窓付にしました。
猫が中で寛いでいる様子が窺え、またじゃらしを使って遊んで
もらうことも出来たら楽しいかなと思います。寝ている時は窓に何か
かけて塞いであげるとゆっくり休めるのではないでしょうか。







| | コメント (0)

デコポンが美味しい


その名はデコポン。名前が面白いが味は柑橘類の中で
一番美味しいと言っても過言ではないかと思います。
あくまでも私見ですが・・・





B4hlvimxsldzuhz1491384543_149138486








| | コメント (0)

ちぐら2号ゆっくりのんびり


猫ちぐら2号ゆっくりのんびりながらもいい所まで進んできた。
今回は2号ということもあり、標準的な型に出来そうです。




08pmtx_lxkrxvi91491286386_149128656







| | コメント (0)

タマの特等席


タマはイスの下が好き。朝ベッドまで起こしにくることもあれば、
又朝起きると必ずと言っていいほどイスの下で部屋から出て
来るのを待っている事もある。そしてブラッシングと朝ご飯を
食べて一休みするのもイスの下。
何となく囲まれた感じがするような気が好きなのかなかも。
こんな日常が長く続くことが小さな幸せですね。




Cjo8mbelrk_hm2j1491042551_149104273




Qewxiyy72jeabat1491042791_149104296
気まぐれはん、どうでもええけど、もう少し早よ起きられへんかね・・・
タマはお腹が減って待ちくたびれてるんや。



そ、そうだね頑張ってみるよ・・・








| | コメント (0)

ちぐら2号は休憩時間が長すぎる


猫ちぐら2号はやっと壁の立ち上げまで来た。
ここからドーム屋根を編んでいくのだが、先はまだ長いです。





Zg9ulkmes7bhm5b1491011511_149101169





Kopkp5wygp2cmfj1491011822_149101209
上手く編めているかニャ、それにしても休憩が長いニャ   

早速タマのチェックが入る。





編んでいる時間より休憩している時間のほうが長いのだから
そりゃ進むわけがないですね。
休憩といってもですね、考えているわけですね。
空っぽの頭回転させて、ああでもない、こうでもないなんて
そして何がなんだか分からなくなる、まッいつものことですが。
そのあいだタマが爪研ぎに来たりして、何やってんだか・・・
なんて眼でこちらを見るわけです。
それはそれでこちらも楽しませてもらっています。







| | コメント (0)

タマに何か用ですか


食後に寛いでいるタマを上から撮っていたら、気を使ったのか
カメラに目線をくれたように見えるのは考え過ぎかな。
そうか、こういうことを親バカというのだな。
親バカでもバカ親でもどっちでもかまわん、タマが可愛いから・・・




Ptar_cpne7mbv6o1490700525_149070081


タマは何しても可愛いねん、なあタマちゃん。







| | コメント (0)

«ちぐら2号ただ今奮闘中